金貨・銀貨の販売「金銀の貯金箱」金貨や銀貨を簡単にご購入いただけるお店です。ハイパーインフレとは

商品カテゴリー

スイス パンプ純金プラチナ

金貨

マリア金貨

プラチナ インゴット

アクセサリー 金・銀・プラチナ

豊穣の角 1g コルヌコピア


↑テレビ・雑誌など多数メディアで紹介されています。動画はこちら

新着情報

2018年07月18日楽天出店10周年記念
2018年07月11日NHKニュース特集
2018年06月01日通貨対貨幣
2018年05月05日人類で最大の詐欺
2018年04月14日5月GWの営業日
2018年03月06日国家破綻は金が救う
2018年03月06日贈り物に金貨
2018年01月31日金の歴史
2018年01月23日銀貨で願う幸せ
2018年01月06日2018年1月の営業日
2017年12月01日ZIPで全国放送
2017年11月03日日本テレビZIP取材
2017年09月04日TVで紹介されました
2017年08月07日金貨を勧める理由
2017年07月22日銀貨を勧める理由
2017年03月25日「金銀の貯金箱
2017年01月24日トランプ発言ドル毀損
2017年09月02日通貨は全て紙キレに
2017年08月15日なぜ日本の年金破綻
2017年05月17日金本位制とは
2017年01月07日マリア金貨再入荷
2017年02月07日「有事の金買い」とは
2016年12月10日日本経済の破滅予想
2016年10月18日「金銀の貯金箱」レビュ
2016年09月29日ドイツ銀行 株が下落
2016年07月19日ヘリコプターマネー
2016年06月24日イギリス-EU離脱決定
2016年06月22日ソロス警告中国崩壊
2016年06月16日イギリスEU離脱問題
2016年04月15日預金封鎖避られない
2016年11月10日Amazonペイメント
2016年10月06日銀メダルの価値は?
2016年09月27日ドイツ銀行の破綻
2016年08月18日紙切れが1万円札に
2016年07月13日ハイパーインフレ
2016年06月20日金貨の価値
2016年06月03日危機感の大切さ
2016年05月09日世界中-金の歴史
2016年04月05日プラチナコイン
2016年04月03日銀貨は人気
2016年04月01日プレゼントに金貨
2016年03月30日銀の豆知識
2016年03月18日金貨とは
2016年02月17日金貨の購入
2016年01月15日金貨を持つメリット
2016年12月05日贈物に最適な金貨

クレジットカード対応

お問い合わせ

TEL:03-3553-6311 メールはこちら

金銀の貯金箱とは

最近チェックした商品

2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コンテンツ

金銀の貯金箱

コンテンツ

 

ハイパーインフレとは?

 

ハイパーインフレとは、お金の価値が暴落することです。お金の価値が下がると、物の値段は上がります。

アルゼンチンとジンバブエで起こったこと

アルゼンチンは1980年代の後半にハイパーインフレに陥りました。
この時の物価上昇は1989年が前年比の50倍。単純に考えると、1988年に100円だったものが1989年には5,000円になっているということです。

ジンバブエドルは激しいインフレーションによってほとんど価値を失い、2009年4月12日をもって発行が停止されました。 2008年には100兆ジンバブエドルが発行されましたが、日本円換算では、数十円の価値もない現存する最高額の紙幣となりました。100兆ドルは、短い期間だけ人の生活に使われたようですが、流通しやすいドルにとってかわられてしまいました。

日本の財政はすでに実質的な破綻状態


日本の財政はすでに実質的な破綻状態にあります。
ハイパーインフレ、円暴落が近づいています。

ハイパーインフレになると・・・預金封鎖の可能性
預金封鎖とは本来預金者が引き出せるはずの預金が、国策により払戻しを凍結される事態のことを指し、 場合によっては次のような政策がセットで行われます。
(A)ハイパーインフレを抑制する手段として、外為市場で通貨の切上げが行われる。
(B)外貨準備高の不足・通貨信用不安などの要因により、外為取引が停止され、IMFから緊急融資が実施される。
(C)通貨調整による国家財政の破綻・混乱を伴うため、国債のデフォルト・モラトリアムが実施される。
(D)新しい通貨(例えば新円)への切替が行われる。しかもそれ(含現金交換)は非常に短期間に行われる。
(E)預金凍結により財産税が課され、マネーサプライの調整、間接的には国家財政の穴埋めがなされる。800兆円〜1000兆円以上の借金がある日本をあなたはいつまで信頼できますか。多くの人の信頼がなくなったときに円の価値は暴落し、ハイパーインフレーションが起こります。こじき同然の生活をしたくないあなたはハイパーインフレーションが起こることも想定して、ある程度インフレ対策をしていくことも必要なのかもしれません。

 

個人でとれる対応とは


個人が取れる対策は?・・・金貨や銀貨などの金現物を持つ
金、不動産に限らず、資源含め、全ての物価が上昇するが、「無国籍通貨」「究極の通貨」とも呼ばれる金貨は、ハイパーインフレになれば、一番需要が高まる実物資産の一つと言えることは間違いありません。
※実際に最近ではイギリスのEU離脱で3年ぶりの金相場上昇に拍車がかかりました。経済に不安があると金相場が上昇する傾向があります。

現代は、外貨(ドル、ユーロ、ポンド、フランなど)や外貨建て投資商品を簡単に購入できるので、外貨や外貨建ての金融商品に資金が向かうことも考えられますが、手元で保有できるという意味では、金・金貨に勝るものはありません。外貨などは、銀行に預けていても有事の時には引き出せない可能性もあります。

ハイパーインフレに備え、金などで貯金

1オンス金貨などは財布の中にも入れられるうえ、世界中で換金が可能です。
金貨は、金の延べ板よりも気軽に持つことができます。

「お札が紙くずになる日がくるかもしれない」と聞き、まさかそんなはずはないと考える人も少なくないでしょう。しかし、世界では既にそのようなことが現実になっている国はあります。国の通貨は政治状況によっては価値を持たないものになってしまう可能性があるのです。また、金融機関が破綻した場合、預金者は「1000万円を超える預金は保護されない」というペイオフ制度もあり、自分の預金に危機感を持たなければいけない状況になっています。

ハイパーインフレに備え、金地金銀貨、金貨などで貯金を始める方は増えています。金貨や銀貨などの貴金属は世界共通の価値を持ち、インフレにも強いと言われています。紙くずと変わってしまうお金よりも確実な貯金をするなら、金貨による貯金がおすすめです。

備えることの大切さ

「備えあれば憂いなし」と言うように、準備はとても大事なことです。備えて損をすることはないので、普段から危機感を持ち準備しておくことが大切になります。将来起こりうる危機に備え、今から心の準備・物質的な準備をしておきましょう。

金銀の貯金箱ではいろいろな金貨・銀貨があります

金銀の貯金箱では金貨や銀貨を販売しています。品揃えが多いので気にいる金貨・銀貨を見つける事が出来ます。また、通販サイトを初めて利用するのなら、不安な事も多いと思いますが、金銀の貯金箱では商品の詳細がしっかりとしていますし、写真も見やすくなっています。また、保証書付きなので安心して金貨をご購入いただけます。

将来の危機、ハイパーインインフレーションに備えて金や銀、プラチナなどの購入をお考えの方、弊社では金地金や銀地金、プラチナ地金、金貨、銀貨など様々な商品を取り揃え販売しております。通販サイトや店舗での購入が可能な他、店舗には珍しい自動販売機も設置してあります。全ての商品に品質保証書が付いていますので、安心してお買い求め頂けます。

金貨・銀貨の通販なら【金銀の貯金箱】
店名 金銀の貯金箱
電話番号 03-3553-6311
FAX 03-3553-6315
URL http://www.spacegold.jp
業務内容 金貨・銀貨、プラチナコイン、金地金などの販売・通販
説明 金や銀の地金やコインなどを購入するなら【金銀の貯金箱】へ。通販サイトと店舗での販売を行っております。メイプル金貨やアンティークのコイン、プラチナコインなども取り扱っております。
会社名 スペースインターナショナル株式会社
日本
都道府県 東京都
市区町村 中央区



ハイパーインフレーション

 

経済学では、ハイパーインフレは、国の経験は非常に高く、通常の加速率が発生インフレを急速に浸食、真の価値地元の通貨を、そして地域通貨の保有を最小限に抑えるために人口を引き起こします。人口は通常、比較的安定した外貨を保持に切り替わります。このような条件下では、一般物価水準の公式通貨はすぐに真の価値を失ったとして、経済の中では。急速に増加する[1]経済項目の値は、外国通貨の面で比較的安定しています。

価格上昇のプロセスが長引くと、過去の市場価格を研究することによって除き、一般的に目立たない低インフレとは異なり、ハイパーインフレは、名目価格の急速かつ継続的な増加、財の名目上のコスト、およびに見て、お金の供給を。[2]人々は可能な限り迅速に切り下げお金を取り除くしようとするので、しかし、通常、一般物価水準は、マネーサプライよりもさらに急激に上昇します。お金の本当の在庫が、それは価格水準で割ったお金の循環量であり、減少している。[3]

Hyperinflationsは通常、主によって賄わ大きな永続的な財政赤字によって引き起こされるお金の作成 ​​(というよりも課税または借り入れ)。このように、超インフレはしばしば戦争、その余波、社会政治的動乱、またはそれが困難な政府が人口に課税できるようにするため、他の危機に関連しています。不能または借りる不本意とともに、現状を維持するための強い必要性と相まって、実際の税収の急激な減少は、ハイパーインフレに国を導くことができます。[3]

後通りから紙幣を掃討ハンガリーペンゴは 1946年に置き換えられました。
1956年、フィリップ・ケイガンは書いた通貨超インフレのダイナミクス、多くの場合、ハイパーインフレの最初の本格的な研究と見なさ本とその効果を[4] (かかわらず、インフレの経済ドイツのハイパーインフレにC. Bresciani-Turroniによってはにイタリア語で出版されました1931 [ 要出典 ])。彼の本では、ケイガンは、毎月のインフレ率が50%を超えていることを月に出発物質として、毎月のインフレ率は50%以下に低下し、少なくとも1年間はそのように留まるときに終わるように超インフレのエピソードを定義しました。[5]通常エコノミスト従いケイガン毎月インフレ率が50%を超えたときにハイパーインフレが発生するの説明を。[4]

国際会計基準審議会は、超インフレ環境で会計規則に関するガイダンスを発行しました。これは超インフレが生じたときに絶対的なルールを確立しません。:代わりに、過膨張の存在を示す要因リストし[6]

一般集団は、非金融資産または比較的安定した外貨でその富を維持することを好みます。開催現地通貨の量はすぐに購買力を維持するために投資されています
一般集団ではなく、現地通貨換算ではなく、比較的安定した外貨の点で金額を考えています。価格はその通貨で引用することができます。
クレジットでの販売と購入は期間が短い場合であっても、クレジット期間中の購買力の予想損失を補う価格で場所を取ります。
金利、賃金、そして価格が物価指数にリンクされています。そして
3年間の累積インフレ率は、100%に近づく、または超えています。
原因[ 編集]
高および/ ​​またはハイパーインフレの原因に関する理論の数があります。[7]しかし、ほぼすべてのhyperinflationsはお金の作成 ​​によって融資、政府の財政赤字によって引き起こされています。(ケイガンの定義以下)29 hyperinflationsの分析の後Bernholzは、それらの少なくとも25は、このように引き起こされていると結論づけている。[8]また、超インフレのために必要な条件はの存在であった不換紙幣に固定されたパリティに変換できません金や銀。これはフランスの超インフレはまた、導入後に行われた第一次世界大戦中に金本位制のブレークダウン後に発生したような1789から1796年のフランスの超インフレのようないくつかの例外は、との歴史の中で最も知られているhyperinflations、事実によって示唆されています非転換紙幣の、assignatの複数形。

供給ショック[ 編集]
履歴分析に基づいて、この理論は、過去hyperinflationsは極端な負のいくつかの並べ替えによって引き起こされたと主張している供給ショック、多くの場合、常にではないが、戦争、共産主義体制や自然災害の故障に関連した、。[9]

マネーサプライ[ 編集]
現代の経済理論は、商品やサービスの出力に対応する成長によってサポートされていないお金の量の継続的な(そしてしばしば加速)の急速な増加があるときに超インフレが起こると言っに同意します。

急速に起因する価格上昇のお金の作成 ​​は、政府の財政赤字に資金を供給するための新たな資金創出の増え続ける量を必要とし、悪循環を作成します。したがって、両方の貨幣インフレと物価上昇率は急速なペースで進みます。このような急速に増加価格が、それは急速にその購買力を失うとして現地通貨を保持するために、地域住民の広範な不本意を引き起こします。代わりに、彼らはすぐに増加し、彼らが受け取るお金、費やすお金の速度の流れを。これは順番に価格の更なる加速を引き起こします。これは、物価水準の上昇は貨幣供給のそれよりも大きいことを意味する。[10]お金の実際の在庫、M / Pを減少させます。ここでMは価格水準にマネーサプライとPを指します。

これは、間の不均衡が生じる需給急速なインフレを引き起こし、(通貨および銀行預金を含む)お金のため。非常に高いインフレ率は次のように、通貨の信認が失われる可能性が銀行ラン。通常、政府からの過剰なマネーサプライの伸びの結果は完全に課税または借入を通じて政府予算の資金を調達することができない、または不本意いずれかで、その代わりにそれはお金の印刷により、政府の財政赤字を融資している。[11]

それは、政府がその債務を切り下げとreduce(または回避)することを可能にするよう政府は時々 、過度に緩やかな金融政策に増税を頼ってきました。インフレは効果的である逆進税お金のユーザーに、[12]が、徴収税未満顕性および一般市民によって理解することは困難です。インフレは。公開価格指数だけ振り返ってみると、データを見てのように、生活の真のコストの定量的評価を隠すことができ、これだけヶ月後に増加させることができる通貨インフレは金融当局からの政府支出を増やす資金に失敗した場合、ハイパーインフレになることができるの税金、政府債務を、コスト削減、または他の手段によって、いずれかの理由

記録または課税取引を徴収し、原因税金を収集するまでの間、税の値が未収元の税のごく一部に真の価値の転倒を集めました。または
政府債務の問題は非常に深い値引きを除いて買い手を見つけることができません。または
上記の組み合わせ。
ハイパーインフレーションの理論は、一般との関係を探しシニョレッジとインフレ税。ケイガンのモデルと新古典派モデルの両方で、転換点が発生したときにマネーサプライやマネタリーベースの低下の増加は、それが不可能政府が財務体質を改善することを可能にします。このように時不換紙幣は、作成されたお金の価値以上にコストの資金の増加に建てていない政府債務がプリントされています。

垂直方向のスケールがあることを11月30日1923注-ドイツの金の価格、1918年1月1日対数。
任意の合理的な政府がハイパーインフレを引き起こしたり、継続行為をする理由このことから、不思議に思っている可能性があります。このようなアクションの1つの理由は、多くの場合、ハイパーインフレの代替のいずれかであるということであるうつ病や軍事的敗北。根本的な原因は、より多くの紛争の問題です。両方のでは古典派経済学とマネタリズム、それは常に無責任にそのすべての費用を支払うためにお金を借りて金融当局の結果です。これらのモデルは気ままに焦点を当てシニョレッジ金融当局の、そして益インフレ税。

新古典派経済理論では、ハイパーインフレが悪化に根ざしているマネタリーベース、それは通貨が後でコマンドをすることができます値の店があるという自信があります。このモデルでは、通貨を保持するの知覚リスクは劇的に上昇し、売り手は、通貨を受け入れるために、ますます高い保険料を要求しています。これにより、通貨がさらに高い保険料を引き起こし、崩壊する大きな恐怖につながります。この一例は、戦争、内戦、または他の種類の激しい内部紛争の期間中です:選択肢は敗北であるため、政府は、戦闘を継続する必要があるものは何でもする必要があります。主な支出は軍備であるため、費用を大幅にカットすることができません。また、内戦は増税するか、既存の税を徴収することが困難になることがあります。平時で赤字は、戦争が問題の政府のための悪い起こっている場合は特に、一般的に借用することは困難かつ高価である戦争中、債券を売って資金を調達しているが。銀行当局は、中央のかどうか、生き残るために政府の努力を支払うためにお金を印刷し、赤字を「収益化」。下のハイパーインフレ中国国民党 1939年から1945年には、内戦の費用を支払うためにお金を印刷し、政府の典型的な例です。年末までに、通貨は、ヒマラヤの上で流し、その後、旧通貨が破壊されるように流出しました。

超インフレは、複雑な現象とみなされ、1つの説明は、すべての場合に適用できない場合があります。しかし、これらのモデルの両方で、信頼の喪失は、最初に来るかどうか、あるいは中央銀行の通貨発行益は、他の相が点火されます。マネーサプライの急速な拡大の場合には、価格が商品やサービスの供給に比べてお金の供給増加に応じて急激に上昇し、自信の喪失の場合には、金融当局は、それが持っているリスク・プレミアムに対応します支払うために「印刷機を実行しています。」

それにもかかわらず、(例えば1922年から1923年のドイツのハイパーインフレの間など)ハイパーインフレーションの間に発生する巨大な加速処理はまだ不明と予測不可能なままです。ハイパーインフレにインフレ発展の転換は、さらに高度な研究の道かもしれない非常に複雑な現象として識別されなければならない複雑性の経済学などの研究分野と一緒に集団ヒステリー、バンドワゴン効果、社会的な脳とミラーニューロン。[ 13]

モデル[ 編集]
ハイパーインフレは貨幣効果、お金のためにオンデマンドでハイパーインフレセンターのモデルとして表示されますので。エコノミストは、急速な増加の両方を参照してください。マネーサプライとの増加お金の速度(金銭)膨張が停止されていない場合に。これらのいずれか、または両方が一緒にインフレとハイパーインフレの根本原因です。ハイパーインフレの原因としてお金の速度の劇的な増加は、リスク・プレミアムが公称値以上の紙幣のための売り手の需要が急速に成長するハイパーインフレの「危機自信の"モデル、の中心です。第二の理論は、ハイパーインフレの「金銭的なモデル」と呼ぶことができる媒体を循環量のラジカルの増加は、最初に存在することです。いずれかのモデルでは、第2の効果は、その後、マネーサプライの増加、またはあまりにも多くのお金破壊自信を強制的に最初のいずれか少な過ぎる自信から続きます。

では、信頼モデル、何らかのイベント、またはそのような戦いで敗北、または通貨をバックアップ種の株式の実行などのイベント、一連の、お金を発行する権限が溶媒か残る信念を除去し、銀行や政府。人々が無価値になるかもしれノートを保持したくないので、彼らはそれらを過ごしたいです。売り手は、通貨の高い危険性があることを実現し、元の値を超えるますます大きなプレミアムを要求します。このモデルでは、ハイパーインフレを終了する方法は、多くの場合、完全に新しいものを発行することにより、通貨のバッキングを変更することです。戦争は時々あるため、「伝染」の、ナポレオンウィーン中に発生したとして、特に戦争で負け、信頼の危機の一つ、一般的に引用された原因であり、資本逃避別です。このビューでは、循環式媒体の増加は、政府が自信自体の不足の根本的な原因と条件に来ずに時間稼ぎしようとした結果です。

で金銭的モデル、ハイパーインフレは、正のフィードバック急速な金融拡大のサイクル。、お金発行体の中枢またはそうでなければ、多くの場合、ずさんな財政政策、あるいは戦争の取り付け費用から、螺旋状の費用を支払うために通貨を生産する:それは、他のすべてのインフレと同じ原因があります。ビジネスマンは、発行者が急速な通貨拡大の政策にコミットしていることを認識するとき、彼らは、通貨の価値の期待減衰をカバーするために価格をマークアップします。発行者は、その後、さらに高速前より通貨価値を押し下げており、これらの価格をカバーするために、その展開を加速しなければなりません。このモデルによると、発行者は「勝つ」ことができず、唯一の解決策は、突然の通貨を拡大停止することです。期待が急に調整されているように残念なことに、拡張の終わりには、通貨を使用したものに厳しい財政ショックを引き起こす可能性があります。年金、賃金、政府支出の削減と合わせ、このポリシーは、一部の形成ワシントンコンセンサス 1990年代のを。

原因が何であれ、ハイパーインフレは供給との両方が含まお金の速度を。どちらが最初に来る議論の問題であり、すべての場合に適用される普遍的な物語が存在しない場合があります。ハイパーインフレが確立される。しかし、代理店は、そうすることを許可されているいずれかによってマネーサプライを増加させるパターンは、普遍的です。この練習はそれのための需要のマッチング増大させることなく、通貨の供給を増加させているため、通貨の価格、それは自然に他の通貨に比べて低下し、為替レートです。マネーサプライの増加はお金が無価値になる前に、迅速に支出の一般的な狂乱に価格決定力の特定の領域を回すとインフレはハイパーインフレになります。通貨の購買力は、一日も現金を保持すると、購買力の容認できない損失になるように急速に低下します。その結果、誰もがお金の速度を増加させる通貨を、保持していない、との危機を悪化させます。

急速に価格上昇は貨幣の役割損なうので価値の店を、人々は可能な限り迅速に実際の商品またはサービスにそれを使うようにしてください。このように、金銭的なモデルは、お金の速度がマネーサプライの過剰な増加の結果として増加すると予測しています。お金の速度と価格が急速に加速する時点で悪循環など、準備金の要件を増加金利を上げる、または政府支出をカットする等の通常のポリシーメカニズムは、効果がないと離れてシフトすることによって応答されるので、ハイパーインフレは、コントロールの外にあります急速に切り下げお金の交換の他の手段に向かって。

ハイパーインフレ、銀行を実行すると、24時間の期間のためのローン、代替通貨への切り替えの期間中、リターンは金や銀の使用、あるいは物々交換一般的になっています。今日金を買いだめ人々の多くは、ハイパーインフレを期待し、種を保持することによって、それに対してヘッジされています。また、広範囲があるかもしれませ資本逃避など、米ドルなどの「ハード」通貨または飛行。これは時々で満たされている資本規制、標準から、忌み嫌わに、バック半世間体に振らたアイデア。このすべては、実際の生産の減少につながる可能性があり、「異常」な方法で動作している経済を、構成しています。もしそうなら、それは製剤「少なすぎる品物を追いかけてたくさんのお金」の商品の量も低減されていることを意味するので、それは、ハイパーインフレを強めます。これはまた、ハイパーインフレの悪循環の一部です。

ハイパーインフレの悪循環が点火された後、劇的な政策手段はほとんど常に必要とされています。単純に金利を上げることは不十分です。ボリビアは、例えば、価格は年未満のスペース12,000%増加し1985年に超インフレの期間を施行しました。政府は民衆の不満を鎮めるために巨額の損失で販売していた、ガソリンの価格を引き上げ、海外でその油を売ってハードカレンシーに持ち込むことができたので、ハイパーインフレは、ほとんどすぐに停止しました。信頼の危機は終わった、と人々が銀行に預金を返しました。ドイツのハイパーインフレ(1919 - 1923年11月)が呼び出さ銀行、によってに対して貸与資産に基づく通貨産生することにより終了したRentenmarkを。内戦は、一辺が勝利で終わる場合に、超インフレは、多くの場合、終了します。

が賃金と価格統制は時々制御またはインフレを防止するために使用されるはるかに彼らの返品コストを下回る価格で販売する商人を強制価格統制が価格を引き起こす不足になるので、ハイパーインフレのないエピソードは、単独で価格統制を使用することによって終了されていませんさらに、まだ上昇します。

ノーベル賞受賞者ミルトン・フリードマンは、「我々は、経済学者があまり知らないが、我々は不足を作成する方法を知っている。あなたはトマトの不足を作成する場合は、例えば、単に小売業者がためにトマトを販売することはできません法律を通過させると述べましたポンド当たり二つ以上のセント。即座にあなたがトマトの不足があるでしょう。それは、石油やガスと同じだ。」[14]

効果[ 編集]

ドイツ、1923年:紙幣は、彼らは壁紙として使用されたことをそんなに価値を失っていました。
超インフレが効果的に民間部門と公共貯蓄の購買力を払拭します。実物資産の買いだめの賛成で経済を歪めます。かどうか、マネタリーベースを引き起こす種またはハード通貨が、国外逃亡します。投資に被災地の破門になります。

金や銀の規格の内訳後のハイパーインフレの最も重要な特徴の1つ前の時における安定したお金-金と銀によって膨張お金の加速置換である、その後、比較的安定した外貨(アドルフ・ティエールのティエールの法則) 。インフレ率が十分に高い場合、重い罰則や罰金などの政府の規制は、多くの場合、為替管理と組み合わせて、この通貨代替を防止することはできません。その結果、膨張通貨は通常重く安定外国のお金にし、購買力平価で比較過小評価されています。その結果、外国人は安く住むことができると高インフレに見舞わ国に安い価格で購入します。それが時間内に成功した通貨改革を操作することに成功していない政府が最終的に安定した外貨を合法化しなければならないことになる(以前、または、金と銀)完全に膨張お金を置換するために脅かしています。そうでなければ、インフレ税を含め、その税収は、ゼロに近づきます。[15]このプロセスは観察することができた最後のハイパーインフレは、21世紀の最初の十年にジンバブエで開催されました。この場合、ローカルのお金は主に、米ドルと南アフリカランドによって追い出されました。

価格統制の制定の値割り引く防ぐために紙幣の金、銀、に対してハードカレンシー、または他の商品には本質的な価値を欠いている紙幣の受け入れを強制することができません。通貨を印刷するための責任を負うエンティティが他の要因が補強効果に貢献して、過剰なお金の印刷を促進する場合は、ハイパーインフレは通常続けます。ハイパーインフレは、一般的に関連付けられている紙幣簡単にマネーサプライ増加させるために用いることができ、:。新しい番号を持つ古いノートをスタンプしてもプレートや印刷に多くのゼロを追加、または[16]歴史的に超インフレの数々のエピソードがありました様々な国は、「ハードマネー」への復帰が続きます。古い経済がに戻すことになるハードカレンシーと物々交換循環媒体は、一般的に「実行」以下、過度に切り下げになったときの値のストアを。

ハイパーインフレに注目は、投資価値のないものになる貯蓄への影響を中心と。経済学者は、債務者に(正)の効果に多くの研究を捧げていないと思われる。[ 要出典 ]金利の変更は、多くの場合、契約固定金利と確かに、超インフレあるいは高インフレに追いつくことはできません。例えば、1970年代に英国のインフレ率で年率25%に達し、まだ金利が15%を超えて上昇しない-とだけ簡単に、そして多くの固定金利のローンが存在していました。契約、しばしば「過膨張現金」と彼の長期借入金をクリア債務者へのバーが存在しない、また貸し手は、単に何らかの形で融資を一時停止することができます。「早期償還ペナルティ」は、しばしばのペナルティに基づいた(まだある)のx利息/支払ヶ月。再び大規模な融資されていたものを返済に無い本当のバー。両大戦間のドイツでは、例えば、多くの民間および社債は、効果的に固定金利のローンを保持するそれらのために、確かに拭き取りました。

余波[ 編集]
超インフレは、課すなどの抜本的な救済策、で終了されたショック療法政府支出を大幅に削減または通貨ベースを変更するのを。これは取ることができる一つの形式はドル化、外国通貨の使用(必ずしも米ドル通貨の国家単位として)。例では、値の75%の損失に応答して、2000年9月に開始したエクアドルのドル化、でしたエクアドルスクレ初期の2000年にはしかし、通常は「ドル化」とは、為替管理によってそれを防ぐために、政府のすべての努力にもかかわらず起こります、重い罰金や罰則。政府は、お金の価値を安定化に成功通貨改革を設計しようとすることがあります。それは、この改革を成功しない場合、安定マネーによる膨張の置換は続きます。したがって、良い(外国)お金が完全に膨張通貨の使用を追い出すなかった、少なくとも7歴史的な例が存在することは驚くべきことではありません。そうでなければ、その収入はゼロに下落していることになるための最後では、政府は、前者を合法化しなければならなかった。[15]

超インフレはいつもそれを被る領域の外傷性経験をされており、次の政策体制はほとんど常に、その再発を防止するための政策を制定します。ドイツの場合と同様に多くの場合、これは、物価の安定を維持することについて非常に積極的な中央銀行を作る意味連銀のような通貨のいくつかのハードの基礎に移動したり、通貨ボードが。多くの政府は非常に硬い制定している賃金と物価のコントロールをハイパーインフレをきっかけに、これは、そのことにより、マネーサプライのさらなる膨張を防ぐことはできません中央銀行、およびコントロールが厳格に施行されている場合は、常に消費財の広範な不足につながります。

通貨[ 編集]
ハイパーインフレを経験国では、中央銀行は小さい宗派ノートは無価値になると、多くの場合、ますます大きな宗派にお金を印刷します。これは、いくつかの興味深いの産生をもたらすことができる紙幣 10億以上の量で建てたものを含みます。

後半に1923年では、ワイマール共和国ドイツのは500億マークの額面で2兆マーク紙幣や切手を発行しました。ワイマール政府のライヒスバンクによって発行された最高値の紙幣は100000000000000マーク(100,000,000,000,000;億万円)の額面を持っていた。[17] [18]インフレの高さでは、1米ドルは4000000000000ドイツマルクの価値がありました。これらのメモを印刷会社の一つは、32,776,899,763,734,490,417.05(3.28×10のためのライヒスバンクへの作業のための請求書を提出し19、または33 京)マーク。[19]
これまで公式に循環用に発行された最大の金種紙幣はによって1946年にあったハンガリー国立銀行 100京の量についてペンゴ(100,000,000,000,000,000,000、または10 20 ;億百万円)の画像。(10すなわち10倍以上、価値があっても紙幣があった21(1 セクスティリオン)ペンゴ、印刷されたが、発行されていない画像を(「億兆紙幣しかし数字、「億B.-ペンゴ」を描いていませんでした。)ペンゴ」)と「1ミラードBの-ペンゴ」が代わりに綴られました。これは、100,000,000,000,000なりジンバブエドルが示すゼロの数が最も多いのノートを紙幣。
41,900,000,000,000,000%(4.19×10 -ハンガリーの第二次世界大戦後のハイパーインフレはこれまでで最も極端な毎月のインフレ率のレコードを開催16ごとに15.3時間を倍の価格に相当する、%または41.9兆パーセント)1946年7月のため。比較すると、(2008年11月14日現在)最近の数字は89.7で、ジンバブエの年間インフレ率推定セクスティリオン(10 21)パーセント、[20]七九六〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 %の月額料金、および24.7時間の倍加時間に相当します。図において、それは89,700,000,000,000,000,000,000%です。
大量の使用を回避する1つの方法は、通貨の新ユニット(例では、新しいノートが「10個の新しいドルを読んでいましたので、代わりに10,000,000,000ドルの、銀行は、1新しいドル=10億古いドルを設定するかもしれない、というを宣言することです。 ")この例は、トルコの再評価であろうリラ古い2005年1月1日、上のトルコ・リラ(TRL)はに変換された新トルコリラ 1新トルコリラへの1,000,000昔の割合で(TRY)。これは通貨の実際の値を小さくしていませんが、それが呼び出されたデノミまたは再評価し、また、標準的なインフレ率を持つ国で時間をかけて行われます。ハイパーインフレ時には、通貨インフレは法案が再評価の前に大量に到達することをこんなに早く起きます。

いくつかの紙幣は金種の変化を示すために刻印されました。それは新しいノートを印刷する時間がかかりすぎるためです。新しいノートが印刷された頃には、彼らは(つまり、彼らは有用であるが低すぎ宗派であろう)は廃止されるだろう。

金属のスクラップ値は非常に額面を上回っとしてメタリックコインは、ハイパーインフレの急速な死傷者でした。貨幣の膨大な量は、通常、不正、ダウン溶融し、ハードカレンシーのために輸出されました。

政府は、しばしば、種々の技術を通じて、インフレの真率を偽装しようとします。これらのアクションはいずれも、インフレの根本原因に対処しないと発見された場合、彼らはさらにインフレにさらに増加を引き起こし、通貨の信頼を弱体化させる傾向がある。価格コントロールは、一般的に制御された財の不足や買いだめと非常に高い需要が、原因となる混乱になりますサプライチェーン。消費者が利用できる製品が減少または企業はもはや、さらに不足を悪化させ、生産および/ ​​または法的な価格で、このような物品を配布し続けること、それが十分に収益性の高い見つけることはありません(または損失で動作することができる)ように消えることがあります。

コンピュータ化されたお金ハンドリングシステムとの問題もあります。ジンバブエでは、ジンバブエドルのハイパーインフレの間に、多くの現金自動預け払い機や支払いカードマシンはに苦しん算術オーバーフローの顧客が一度にドルの多くの十億と兆を必要に応じてエラー。[21]

超インフレのエピソード[ 編集]
オーストリア[ 編集]

(ケイガンの定義以下)ハイパーインフレーションの56のエピソードを示していますハンケKRUS超インフレの表
1922年、オーストリアのインフレ率は1426パーセントに達し、1914年から1923年1月に、消費者物価指数は、50万宗派で最高の紙幣で、11836倍に上昇したクロネス。[22]

ポスト第一次世界大戦オーストリアの政治愚かさは、政治的便宜と社会主義慈悲を含んでいました。したがって、本質的にすべての国の企業が損失に走りました。状態の従業員の数ポ ​​スト第一次世界大戦のウィーンは、資本彼ら(状態の従業員は)ほぼ8倍小さい人口ベースを務めていても、以前の君主制のそれよりも大きい共和国は-た。[23]

利己主義や食料の買いだめや外貨での投機を含む政治愚かさによって支えられ発展ハイパーインフレにオーストリアの応答を、観察し、オーウェンS.フィルポッツ、ウィーンの英国公使館で商業長官は書いた:「オーストリアは男性のようにしていますそれを管理することができず、継続的に助けのためのシグナリングされている船。待っている間、しかし、それらのほとんどは、側面とデッキのうち、自分自身のためにそれぞれ、ラフトをカットし始めます。船はまだそのように生じた漏れにもかかわらず、沈んでおらず、それ以上は寒さと空腹に見える船乗りらしいながら、このように木材の店舗を取得した者は、自分の食べ物を調理するためにそれらを使用することができます。人口は「勇気とエネルギーだけでなく、愛国心に欠けている。[24]

開始日と終了日:1921年10月から1922年9月
インフレのピーク月およびレート:1922年8月、129パーセント[25]
中国[ 編集]
最初のユーザーとしてフィアット通貨、中国はハイパーインフレによるトラブルの早期の歴史を持っています。元朝は彼らの戦争に資金を供給するために平坦な紙幣を大量に印刷し、他の因子と結合し、得られたハイパーインフレは、革命の手でその崩壊につながりました。中国の共和国は最悪のインフレ1948から1949を通って行きました。1947年、最高の宗派は50,000だった元。半ば1948年、最高の宗派は1.8億元でした。1948年の通貨改革は、1ゴールド元=300万元の為替レートで金の元によって元を置き換えます。年未満で、最高の宗派は10,000,000金の元でした。内戦の最終日には、シルバー元を簡単に5億ゴールド元の速度で導入しました。一方、地域銀行によって発行された最高の宗派は(1949年新疆省銀行によって発行された)60億元でした。後人民元は超インフレが1の再評価で中止、新たな共産主義政府によって設立されました:万古い人民元 1955年インフレ率の全体的な影響は、1人民元= 15,000,000,000,000,000,000前1948元でした。

(1)開始と終了日:1943年7月から1945年8月
(1)インフレのピーク月とレート:1945年6月、302パーセント
(2)開始と終了日:1947年10月 - ミッドを。1949年5月
(2)ピーク月とインフレ率:4月5070パーセント[26]
フランス[ 編集]
フランス革命との間に最初の共和国、国民議会と呼ばれる債券、押収された教会のプロパティに裏打ちされたいくつかの、発行assignatの複数形を。[27]ナポレオンがassignatの複数形は基本的に無価値だったその時点で、1803年フラン、とそれらを置き換えます。で、ロンドンでフル稼働していた「セブンティーン製造施設:、Dillayeに応じて-主にロンドン経由-スティーブンD. Dillayeは、失敗の理由の一つは、紙幣、「assignatの複数形」の偽造巨大だったことを指摘しました偽と偽造assignatの複数形の生産に専念して400人の力。」[28]

開始日と終了日:1795年5月から1796年11月
ピーク月とインフレ率:ミッド8月 1796年、304パーセント[29]
ドイツ(ワイマール共和国)[ 編集]
主要な記事:ワイマール共和国の超インフレ

5万台の硬貨は、1セントの約第千1923年10月によって1923年1月に$ 714.29の価値がされていたであろう。
1922年11月では、循環における貨幣の金の価値は£2000万に第一次世界大戦の前に£300万人から減少しました。ライヒスバンクは、それによってマークの切り下げを加速、ノートの無制限の印刷で対応しました。ロンドンへの彼の報告書では、主D'Abernonは書いた: "。歴史のコース全体では、何の犬が今までライヒスバンクの速度を持つ独自の尾の後に実行していない」[30] [31]ドイツでの最悪のインフレを経験しました1922年1923は、最高の宗派は50,000であったマーク。1923年では、最高の宗派は100,000,000,000,000マークしました。1923年12月に為替レートは1米ドル= 4,200,000,000,000マークした。[32] 1923年に、インフレ率は3.25×10ヒット6ヶ月あたりのパーセント(価格ダブル2日毎に)。1923年11月20日に始まり、1,000,000,000,000古いマークは1に交換されたRentenmark 4.2 Rentenmarksは、マークは1914年に持っていた正確に同じレート1米ドルの価値があったように[32]

(1)開始と終了日:1920年1月から1920年1月
(1)ピーク月とインフレ率:1920年1月、56.9パーセント
(2)開始と終了日:1922年8月から1923年12月
(2)ピーク月とインフレ率:1923年11月、29525パーセント[25]
ハンガリー[ 編集]
主要な記事:ハンガリーペンゴの超インフレ

億B.-ペンゴノートが10の価値がこれまでに発行された紙幣の最宗派であった20または100京ハンガリーペンゴ(1946)。B.-ペンゴは「billióペンゴ」、英語で兆ペンゴを意味するための短いものでした。
トリアノン条約と1919年と1924年の間に政治的不安定は、ハンガリーの通貨の主要なインフレにつながりました。1921年、ポスト第一次世界大戦のインフレを阻止する試みで、ハンガリーの国民議会は、銀行預金の20%の課徴金を含むヘジェダス改革を、渡されました。このアクションは、公共によって特に農民の銀行の不信を沈殿させ、削減削減と流通貨幣の量が得られた。[33]は適切に課税することができません、政府がお金を印刷に頼っとハンガリーの1923年インフレ率に達しました月あたり98%。

しかし、1945年の終わりと1946年7月の間、ハンガリーは、これまでの記録最悪のインフレを経験しました。1944年に、最高の宗派は千たペンゴ。1945年の終わりまでに、それは10,000,000ペンゴました。半ば1946年の最高の宗派は100,000,000,000,000,000,000ペンゴました。特別な通貨adópengő -または税のペンゴは-税および郵便の支払いのために作成されました。[34] adópengőの値は、無線アナウンスにより、毎日調整しました。1946年1月1日1adópengőは1ペンゴに等しかったです。後半7月までに、1adópengőは2,000,000,000,000,000,000,000または2×10等しかっ21(2 セクスティリオン)ペンゴを。ペンゴはによって1946年8月に交換したときフォリント、循環内のすべてのハンガリー紙幣の合計値がに達した1 / 千 1米ドルの。[35]これは、1.3×10でピークに達し、記録されたインフレ率の最も深刻知ら入射し、16ヶ月あたりのパーセント(価格ごとに倍増15時間)。[36]ハイパーインフレの全体的な影響:1946年8月18日には、400,000,000,000,000,000,000,000,000,000または4 × 10 29(400 quadrilliard上のロングスケールハンガリーで使用される; 400 10の27乗にショートスケール)ペンゴは1フォリントとなりました。

開始日と終了日:1945年8月には - 1946年7月。
インフレのピーク月およびレート:1946年7月、41.9兆パーセント。[37]
北朝鮮[ 編集]
北朝鮮コメの価格に基づいて2009年12月から月中旬、2011年に最も可能性の高い経験豊富なハイパーインフレは、北朝鮮のハイパーインフレは、半ば2010年1月にピークを迎えたが、闇市場の為替レートのデータによると、購買力平価での計算のベースを北朝鮮はしかし、このデータは非公式であるため、注意の度合いで処理されなければならない初期の2010年3月にインフレのそのピークの月を経験した。[38]

フィリピン[ 編集]
中にフィリピンを占領日本政府は第二次世界大戦は、一般的な循環のためのフィアットの通貨を発行しました。日本主催のフィリピン第二共和国の率いる政府ホセP.ローレル同時に、最も特に、「ゲリラお金を。」他の通貨の所持を非合法化 お金を再生する類似しており、無価値の隣にあるので、不換紙幣は「ミッキーマウスマネー」と呼ばれました。戦争の生存者は、多くの場合、スーツケースを持って来るかの物語伝えるbayong(織ココナッツかで作られたネイティブバッグブリの日本で発行された手形であふれ葉片を)。初期の時代には、75ミッキーマウスのペソは 1アヒルの卵を買うことができる。[39] 1944年に、マッチの箱が100ミッキーマウスペソよりもコストがかかる。[40]

1942年に、利用可能な最高の宗派は10ペソでした。終戦前に、インフレで日本政府は100、500〜1000ペソのノートを発行することを余儀なくされました。

開始日と終了日:1944年1月から1944年12月
インフレのピーク月およびレート:1944年1月、60%[41]
シンガポール[ 編集]
1942年2月15日から1945年に、シンガポールは日本に占領されました。基本的な必需品のコストが原因でハイパーインフレと日本の発行に大 ​​幅に増加したバナナのお金海峡通貨は稀になったので、彼らの主な通貨として(ために10ドル紙幣にバナナの木のモチーフのような命名します)。彼らはそれを必要なときはいつでもお金で日本の当局を供給するために、彼らは単により多くのノートを印刷しました。これは、ハイパーインフレとバナナノートの値に重篤な減価償却をもたらしました。

日本語スクリップで$ 100マレーシアの通貨の価値[ 編集]
1942年12月に2月:$ 100
1943年1月:$ 105
1943年2月:$ 117
1943年3月:$ 131
1943年4月:$ 153
1943年5月:$ 179
1943年6月:$ 224
1943年7月:$ 254
1943年8月:$ 282
1943年9月:$ 302
1943年10月:$ 320
1943年11月:$ 337
1943年12月:$ 385
1944年1月:$ 455
1944年2月:$ 590
1944年3月:$ 765
1944年4月:$ 860
1944年5月:$ 870
1944年6月:$ 910
1944年7月:$ 1,010件目の
1944年8月:$ 1210
1944年9月:$ 1,400
1944年10月:$ 1550
1944年11月:$一千七百二十
1944年12月:$ 1,850件目の
1945年1月:$ 2,000
1945年2月:$二千三百八十
1945年3月:$ 3100
1945年4月:$三千八百五十
月1945:$ 4950
1945年6月:$六千三百五十
1945年7月:$ 7880
1945年8月1日:$ 10,500
1945年8月2日:$一万五千五百
1945年8月3日:$ 20500
1945年8月4日:$ 25500
1945年8月5日:$3万500
1945年8月6日:$3.55万
1945年8月7日:$ 45,000
1945年8月8日:$ 55,000
1945年8月9日:$六万五千五百
1945年8月10日:$ 75,000
1945年8月11日:$8.55万
1945年8月12日:$ 95,000
1945年8月13日以降:N / A(日本語スクリップが無価値になっていました)[42]
ユーゴスラビア[ 編集]

1993年頃5000億ユーゴスラビアディナール紙幣、これまで公式にユーゴスラビア、ハイパーインフレの最終結果に印刷された最大の公称値。
ユーゴスラビアは 1989から1994からハイパーインフレとその後の通貨改革の期間を経ました。ユーゴスラビアの溶解を伴ういくつかの地域紛争の一つは、ボスニア戦争(1992から1995)でした。スロボダン・ミロシェヴィッチのベオグラードの政府は、ユーゴスラビアの国連ボイコットで、その結果、紛争に民族セルビア分離独立勢力を支持しました。国連のボイコットが投影毎月のインフレ率は1993年12月(価格ごとに倍増2.3日)で百万%に加速して、すでに地域戦争によって弱体化経済を崩壊した。[43] 1988年の最高の宗派は50,000だったディナール。1989年までにそれは2,000,000ディナールでした。1990年の通貨改革では、1新しいディナール10,000古いディナールに交換しました。1992年の通貨改革では、1新しいディナールは10古いディナールに交換しました。1992年の最高の宗派は50,000ディナールでした。1993年まで、それは10,000,000,000ディナールでした。1993年の通貨改革では、1新しいディナールは1,000,000古いディナールに交換しました。年が終わった前に、しかし、最高の宗派は500,000,000,000ディナールでした。1994年の通貨改革では、1新しいディナールは10億古いディナールに交換しました。一ヶ月後、別の通貨改革では、1ノビディナールは1300万ディナール(1ノーヴィディナール= 1に交換したドイツマルク交換時)。ハイパーインフレの全体的な影響:1ノビディナール= 1×10 27〜1.3×10 27。前1990ディナールユーゴスラビアの速度インフレのは、5×10ヒット15 1 1993年10月および24を時間をかけて1994年1月のパーセント累積インフレを。

(1)開始と終了日:1989年9月から1989年12月
(1)ピーク月とインフレ率:1989年12月、59.7パーセント
(2)開始と終了日:1992年4月から1994年1月
(2)ピーク月とインフレ率:1994年1月、313000000% [44]
ジンバブエ[ 編集]
主要な記事:ジンバブエの超インフレ

100000000000000 ジンバブエドル紙幣(10 14 10に等しいドル)、27(1 10の27乗)プレ2006ドル。
ジンバブエの超インフレは、現地通貨の放棄をもたらしたいくつかの事例の一つでした。1980年の独立時に、ジンバブエドル(ZWD)は約USD 1.25の価値がありました。その後、しかし、激しいインフレと経済の崩壊は深刻な通貨を切り下げ。前インフレは安定していたロバート・ムガベ 1998年には、主に破壊された食糧生産につながったと急落する食品の輸出収入と外国直接投資が減少した原因と植民地化中に黒の原住民から取られた土地を返すことに焦点を当てた農地改革のプログラムを開始しました。[45] [46] [47]結果は、その支出を支払うためにムガベ政権だったとギデオンGonoの準備銀行は高い顔値でより多くのノートを印刷しました。

超インフレは千ZWDの割合で2006年8月1日に再評価ジンバブエの2006年ザ・準備銀行に1730パーセントの新しい高に高騰する前に、それが戻って低3桁に落ちた2004年に624パーセントに達し、21世紀の初期に始まりました各第ドル(ZWN)が、前年比インフレ率に(9000パーセントの以前の推定値に対して)11000パーセントに2007年6月によって上昇しました。大きい宗派は漸進的に発行されました:

5月5日:紙幣や「ベアラチェック」ZWN億の価値およびZWN2.5億。[48]
5月15日:(約USD 2.50、次に相当)ZWN5億の値を持つ新しいベアラをチェックします。[49]
5月20日の:$億$ 25億、$ 50億円の宗派の音符(「農業チェック」)の新シリーズ。
7月21日:$ 100億人のための「農業チェック」。[50]
7月16日によるインフレ率は正式220万%に急増した[51]一部のアナリストは、九〇 〇 〇 〇 〇 〇 %を上回る数値を推定して。[52] ZWNの値が1ドルあたり約6880億に落ちた、または688000000000000前2006年8月2008年7月22日のようにジンバブエドル。[53]


デノミ 通貨
コード 値
2006年8月1日 ZWN 1 000 ZWD
2008年8月1日 ZWR 10 10 ZWN
= 10 13 ZWD
2009年2月2日 ZWL 10 12 ZWR
= 10 22 ZWN
= 10 25 ZWD
2008年8月1日、ジンバブエのドルは10の割合でredenominatedた10の各第三ドル(ZWR)へZWN。[54] 2008年8月19日、月のために発表された公式の数字は1125万%にわたってインフレ率を推定した。[55]ジンバブエの年次インフレ率は7月に二億三千百万%た[56] (毎17.3日倍増価格)。2008年10月によってジンバブエではインフレの背後にはるかに落下賃金と超インフレに陥りました。多くの看護師や教師がバス代は仕事に余裕がなかったので、この機能不全の経済では、病院や学校は、慢性的な人員の問題を抱えていました。当局は処理薬品を購入し、輸送するための法案を払って停止していたので、ハラレの首都のほとんどは、水なしでした。外貨が政府の機能を維持するために絶望的、ジンバブエの中央銀行総裁、ギデオンGonoは、アメリカドルと南アフリカランドを購入するジンバブエドルのスーツケースで街にランナーを送った。[57] 2008年7月以後の期間については、公式インフレません統計情報がリリースされました。教授スティーブH.ハンケは、2008年7月後にインフレ率を推定し、ジンバブエのためのハンケ超インフレ指数を公開することによって、問題を克服した。[58]教授 ハンケのHHIZ指標はインフレがピーク月額料金が98%、毎日率に相当する、七九六〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 %た、または周り中旬2008年11月に89.7セクスティリオンパーセント(89,700,000,000,000,000,000,000%)の年率でピークに達したことを示した7 ×  10 108パーセント年率。そのレートで、価格は、すべての24.7時間を倍増しました。超インフレが一年、その速度で進行しなかったので、これらの数字の多くは、主に理論的な考慮すべきであることに注意してください。[59]

その2008年11月ピーク時には、インフレのジンバブエの速度が近づいて、しかし、ハンガリーの1946年7月世界記録を上回ることができなかった。[59] 2009年2月2日には、ドルが10の割合で4度目のredenominatedた12、1 ZWLにZWR $ 100兆紙幣が1月16日に発行されたわ ​​ずか3週間後に、[60] [61]が、米ドルでの公式インフレ率が発表されたと外国の取引が合法化されたとして、それまでに衰えハイパーインフレは、[59]とは、4月12日にドルは放棄されました唯一の外国通貨を使用しての賛成インチ ハイパーインフレの全体的な影響は、1 ZWL = 10だった25 ZWD。

開始日と終了日:2007年3月 - ミッド11月 2008
ピーク月とインフレ率:ミッド11月 2008年、7960000000% [62]
高インフレの例[ 編集]
以下のように定義されるような一部の国では、非常に高いインフレを経験したが、超インフレに到達しなかった毎月 50%のインフレ率。

イラク[ 編集]
(黒市場金利が実質的に低くなっていると考えられているものの、または$ディナールあたり3.26ドル)イラクディナールは0.306ディナール/ USDの公式値から行った1987年から1995年の間に3000ディナール/ USDのために何兆の10秒の政府の印刷に十億の唯一の10秒のベースから始まるディナールの。それは、年間インフレ率は、その8年間で平均約315パーセントに相当します。[63]

メキシコ[ 編集]
1970年代後半の増加、原油価格にもかかわらず(メキシコ生産および輸出)、メキシコが結果として1982年の対外債務不履行、国が資本逃避とハイパーインフレとの数年の厳しい場合苦しんペソ切り下げを。1993年1月1日に、メキシコは新しい通貨、作成ヌエボ・ペソ、古いペソオフ危機の数年間100000パーセントのインフレ率を3ゼロをみじん切り(「新しいペソ」、またはMXN)を、。(一つの新ペソは千古いMXPペソに等しかったです)。

ローマのエジプト[ 編集]
価格で最高のドキュメントが生き残ったローマのエジプトでは、小麦の尺度の価格は276 ADで200 drachmaの複数形で、58年のスパンで、334 AD以上2,000,000 drachmaの複数形にほぼ百万%のインフレ率を増加させました。[ 64]

価格は万58年以上の要因により増加したものの、年間インフレ率は複利のみ17.2%でした。

ルーマニア[ 編集]
ルーマニアは1990年代に高インフレを経験しました。1990年の最高の宗派は100だったレイと1998年10万レイでした。2000年までにそれ500,000レイでした。2005年の初めには、1,000,000レイでした。2005年7月にレイは= 1、新しいレイ万古いレイで新しいレイに置き換えられました。2005年のインフレ率は9%であった。[65] 2005年7月に最高額面金額は500レイ(= 5,000,000旧レイ)となりました。

ソ連[ 編集]
主要な記事:初期のソビエトロシアの超インフレ
1921年と1922年の間、のインフレソ連は 213パーセントに達しました。

米国[ 編集]
中に独立戦争時に、大陸会議が呼ばれる紙幣の印刷許可大陸通貨を、毎月のインフレ率は、1779年11月(48 Bernholz 2003)に47%のピークに達しました。これらのノートは、発現を生じる、急速に減価償却「大陸の価値もありません。」インフレの原因の1つにプレスを実行した英国人によって偽造されたHMS フェニックスニューヨーク港に停泊します、。偽造がアドバタイズし、彼らが印刷された紙の価格のためにほとんど売られていた。[66]

第二の接近遭遇は中に発生した米国の南北戦争 1861年1月と1865年4月の間、ラーナーコモディティ価格指数東部同盟国でも有数の都市のが9000を超えると100から上昇した。[67]南北戦争が長引いたように、南軍をドルはそれが戦争の最後の数ヶ月によってほぼ無価値になるまで、少なく値を持っていました。同様に、連合の政府は、その膨張したドル紙幣を 1864年3月(Bernholz 2003:107)に40%でピークに達し月額料金で、。[68]

ベトナム[ 編集]
ベトナムは氏トラン・フオン、その後、副首相が率いる国の「価格・賃金通貨「改革パッケージは、ひどく失敗した後にインフレ率は、1988年に774パーセントをピークに、1980年代後半の混沌とハイパーインフレの時代を通り抜けました。[69]超インフレはまた、通常ベトナムのドイモイと呼ばれる、経済リフォームの初期段階を特徴づけます。

世界の歴史の中で最も深刻なhyperinflations [ 編集]
過去最高の月間インフレ率[70] [71]
国 通貨名 最も高いインフレ率と月 最高の月間インフレ率 同等の毎日のインフレ率 価格が倍増するのに必要な時間
ハンガリー ハンガリーペンゴ 1946年7月 4.19×10 16 % 207.19% 15時間
ジンバブエ ジンバブエドル 2008年11月 7.96×10 10 % 98.01パーセント 24.7時間
ユーゴスラビア ユーゴスラビアディナール 1994年1月 3.13×10 8 % 64.63パーセント 1.4日
ドイツ(ワイマール共和国) ドイツPapiermark 1923年10月

金貨や銀貨、プラチナコインの通販なら【金銀の貯金箱】

金銀の貯金箱SPACE GOLDでは、様々な金貨銀貨プラチナコインを取り扱っております。 カナダで生まれた世界最高純度・信頼の「メイプル金貨・メイプル銀貨」や、プラチナコインのペンダントなど、人気のコインを多数販売。 金銀アクセサリーや地金インゴットなどもご紹介しております。
全商品に保証書をお付けしております。 本物の貴金属となっておりますので、どうぞ安心してご利用くださいませ。 また、実店舗は東京都中央区にございますので、お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りくださいませ。