商品カテゴリー


↑テレビ・雑誌など多数メディアで紹介されています。動画はこちら

新着情報

2019年02月14日「5年後の日本を考える会」
2019年01月09日2019年1月の営業日
2018年12月14日年末年始の営業日
2018年10月06日「5年後の日本を考える会」
2018年07月18日楽天出店10周年記念
2018年07月11日NHKニュース特集
2018年06月01日通貨対貨幣
2018年05月05日人類で最大の詐欺
2018年04月14日5月GWの営業日
2018年03月06日国家破綻は金が救う
2018年03月06日贈り物に金貨
2018年01月31日金の歴史
2018年01月23日銀貨で願う幸せ
2018年01月06日2018年1月の営業日
2017年12月01日ZIPで全国放送
2017年11月03日日本テレビZIP取材
2017年10月06日東京に核攻撃で死者94万人
2017年09月04日TVで紹介されました
2017年09月02日その後、通貨は全て紙キレに
2017年08月15日なぜ、日本の年金制度は破綻か
2017年08月07日金貨を勧める理由
2017年07月22日銀貨を勧める理由
2017年06月02日「金本位制」とは
2017年03月25日「金銀の貯金箱
2017年01月24日トランプ発言ドル毀損
2017年09月02日通貨は全て紙キレに
2017年08月15日なぜ日本の年金破綻
2017年05月17日金本位制とは
2017年02月07日「有事の金買い」とは
2017年01月07日マリア金貨再入荷
2016年12月10日日本経済の破滅予想
2016年12月05日贈物に最適な金貨
2016年11月10日Amazonペイメント
2016年10月18日「金銀の貯金箱」レビュ
2016年10月06日銀メダルの価値は?
2016年10月05日ハイパーインフレから生活を守る
2016年09月29日ドイツ銀行 株が下落
2016年09月27日ドイツ銀行の破綻
2016年09月03日金貨やインゴットなどのゴールド現物は投資家を救うのだろうか
2016年08月18日紙切れが1万円札に
2016年07月19日ヘリコプターマネー
2016年07月13日ハイパーインフレ
2016年06月24日イギリス-EU離脱決定
2016年06月22日ソロス警告中国崩壊
2016年06月21日貴金属販売店「金銀の貯金箱」とは
2016年06月20日金貨の価値
2016年06月16日イギリスEU離脱問題
2016年06月03日危機感の大切さ
2016年05月09日世界中-金の歴史
2016年04月15日預金封鎖避られない
2016年04月13日金貨を簡単に買えるお店はどこ
2016年04月09日世界中にある金の歴史
2016年04月05日贈り物に最適な金貨
2016年04月05日プラチナコイン
2016年04月03日銀貨は人気
2016年04月01日プレゼントに金貨
2016年03月30日銀の豆知識
2016年03月18日金貨とは
2016年02月17日金貨の購入
2016年01月15日金貨を持つメリット
2015年12月08日金・地金売却にかかる税金
2015年11月15日贈り物に最適な金貨

クレジットカード対応

お問い合わせ

TEL:03-3553-6311 メールはこちら



最近チェックした商品

2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

コンテンツ

コンテンツ

 
 
   すべての商品 > 個人備蓄の時代 自衛自活の"要塞"を築け! 単行本 混迷する時代を生き抜くための「副島流・個人備蓄ノウハウ」
 
 
 
前の商品

個人備蓄の時代 自衛自活の"要塞"を築け! 単行本 混迷する時代を生き抜くための「副島流・個人備蓄ノウハウ」

次の商品
 
 
 

商品情報

 
個人備蓄の時代 自衛自活の"要塞"を築け! 単行本 混迷する時代を生き抜くための「副島流・個人備蓄ノウハウ」

 
希望小売価格 : 1,400
価格 : 840円(税抜)
数量
 

商品詳細

 
 
 
  • ・単行本(ソフトカバー): 239ページ
  • ・出版社: 光文社 (2012/10/18)
  • ・言語: 日本語
  • ・ISBN-10: 4334977189
  • ・ISBN-13: 978-4334977184
  • ・発売日: 2012/10/18
  • ・商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  •  

    著者曰く 「大災害、金融恐慌、領土紛争…“政府に頼らない独立心"を持つ者が生き延びる──」 のだと。
    計画停電にガソリン不足、食料の買い占めに奔走する人々…。
    大震災、大恐慌の時代には、自分の生活、生命、身体は自分で守らなければならない。
    震災後に思い知った「最後に頼りになるのは実物」の意味。
    太陽光発電システム、蓄電池、非常用発電機、超低温冷蔵庫…
    個人備蓄を始めるための技術、態勢はすでに整っている。 要は、それらをいかに有効活用するかにかかっている。
    その最前線を著者自ら全国駆け回りレポート。 もちろん“副島節"は本書でも炸裂。
    「個人備蓄」の原点となる考え、思想的背景にも言及してゆく。

     

    ◎「太陽光発電システム」でエネルギーを自衛する男たち ◎食料を貯め込む「超低温冷凍庫」を持つ時代がきた

     

    ◎「個人備蓄」の思想的立脚点 「リバータリアニズム」とは?

     

    ◎「蔵(くら)の時代」への回帰──我々の先祖、江戸農民の知恵に学べ

     

    ◎自分と家族が食べる分だけでいい…自力の野菜作り 逃げるのではなく、立ち向かう。 自分のことは自分でやる。この価値観に気付いた者はすでに動き始めていた! ! 混迷する時代を生き抜くための「副島流・個人備蓄ノウハウ」が凝縮された必読の一冊!

 

目次

第1章 個人備蓄の時代がやってきた―迫り来る有事に備え、二軒目の家を建てる中長期計画を練る
第2章 エネルギーを「自衛」する―太陽光発電 震災にびくともしなかった男たち
第3章 エネルギーを蓄える―蓄電池とEV(electric vehicleエレクトリック・ビークル) 非常用発電機を備蓄せよ
第4章 食料を蓄える―かつて日本には蔵があった 現代の蔵・零下60℃の超低温冷凍庫に食料を備蓄する
第5章 自分が食べるだけの野菜を作る―個人備蓄の根本思想 米の長期保存
第6章 世界で、日本で、エネルギー戦争が始まっている―中国メーカーが崩壊させる太陽光パネルの価格市場 ソフトバンク孫正義の野望
第7章 メガソーラー人気は3年で終わる―あまりにも不安定な太陽光の出力、国の主要電力にはなり得ない
第8章 個人備蓄したものが生き残る―金、実物資産…。徹底的に実物を備えよ

 

著者紹介

副島隆彦[ソエジマタカヒコ]
評論家。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。1953年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授を歴任。政治思想、金融・経済、社会時事評論などさまざまな分野で真実を暴く。「日本属国論」とアメリカ政治研究を柱に、日本が採るべき自立の国家戦略を提起、精力的に執筆、講演活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

預金封鎖に備えてどんな対策を取るべきか

日本では1944年、日本国債の発行残高が国内総生産の2倍に達したために償還が不可能となり、財産税の新設と共に昭和21年2月17日に突如として預金封鎖と新円切替が 実施されました。 わたしたち庶民こそが自らの資産の保全に努めなければなりません。

預金封鎖の影響を逃れたいなら、株式、不動産、外貨の他に、たやすく換金できる貴金属、金地金、純金積立、金貨などが対抗資産となります。 それが「金貨」です。

例えば金貨や金地金など金:ゴールドという有史以来価値を失ったことのない資産はそれをもっているだけで資産防衛になります。かの資産防衛で有名なスイスの銀行家などは 「ポートフォリオの1割は金:ゴールドにすべきだ」 と言っていました。金は資産防衛としてとても有効です。

「資産の保全」には、

  • 資産の価値自体を守ること(減額させない)
  • 国の資産没収から守ること

が必要です。

この2つの条件を満たしているのが、金(ゴールド)投資になります。 「有事の金」と呼ばれていることや、ドイツが過去のハイパーインフレの教訓から、米国に次ぐ金の保有量を有していることが、何よりの証拠だと言えます。

基本的に有効なのは金(ゴールド)の現物を購入することです。 証券、いわゆるペーパー投資は有効ではありません。

単純に「投資」という意味で、金(ゴールド)を100万円で購入し、200万円で売却することにより、100万円の利益を出すというものであれば、証券投資で十分です。コストもそのほうが安くなります。

しかし、良く考えてみてください。

円ベースで利益を出したとしても、いずれは円の価値が大幅に下がる、あるいは無くなるような事態を想定して資産を保全することが目的です。

ですので、円ベースで「〇〇万円儲かった!」ということが、そもそも無意味です。

改めて「資産の保全」という観点で考えてみると、証券投資(ペーパー投資)には2つのリスクが存在します。

経済の混乱による決済不可、換金不可等のリスクがある。 「資産課税」という形で、預けている資産を没収されるリスクがある。 ですので、金地金(ゴールドバー)や、金貨(ウィーン金貨・メイプルリーフ金貨)などの現物を購入することが大切です。

ちなみに、金地金(ゴールドバー)を購入するには、ある程度まとまった金額が必要となります。 そこでお薦めしたいのが金貨(ウィーン金貨・メイプルリーフ金貨など)です。少額で手に入るウィーン金貨等は世界中でも良く知られていますので、財政破綻時の混乱期には、決済手段としても利用できる可能性があり、大変有効と考えます。

上記理由により日本が財政破綻した場合の備えとして、金貨の購入は有効です。できる限り早急に金貨などの購入をお薦めします。

 
 
 

 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません