金貨・銀貨のご購入は「金銀の貯金箱」|プラチナコインやアンティークコインを販売する通販店
プラチナ地金・白金インゴット

商品カテゴリー

コンテンツ

お問い合わせ

TEL:03-3553-6311 メールはこちら

最近チェックした商品

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コンテンツ

 
プラチナコイン
プラチナ地金・白金インゴット > プラチナコイン
全7件 整列 : [価格] [製品名] [製造元]
 
エンジェルプラチナコイン 1/25オンス  スイス・パンプ社発行 1.24gの純プラチナ
 
エンジェルプラチナコイン 1/25オンス スイス・パンプ社発行 1.24gの純プラチナ
16,667円(税抜)
 
 
ヴァージン諸島 プラチナコイン  専用ディスプレイボックス入り
 
ヴァージン諸島 プラチナコイン 専用ディスプレイボックス入り
147,222円(税抜)
 
 
メイプルプラチナコイン 1/10オンス 1992年製 カナダ王室造幣局発行 3.11gの純プラチナ クリアケース入り 保証書付き
 
メイプルプラチナコイン 1/10オンス 1992年製 カナダ王室造幣局発行 3.11gの純プラチナ クリアケース入り 保証書付き
41,667円(税抜)
 
 
メイプルプラチナコイン 1/10オンス 1996年製 カナダ王室造幣局発行 3.11gの純プラチナ クリアケース入り 保証書付き
 
メイプルプラチナコイン 1/10オンス 1996年製 カナダ王室造幣局発行 3.11gの純プラチナ クリアケース入り 保証書付き
41,667円(税抜)
 
 
 
メイプル プラチナコイン 1/2オンス 1991年製 カナダ王室造幣局発行  保証書付き
 
メイプル プラチナコイン 1/2オンス 1991年製 カナダ王室造幣局発行 保証書付き
107,537円(税抜)
 
 
メイプルプラチナコイン 1/4オンス 1988年製
 
メイプルプラチナコイン 1/4オンス 1988年製
73,148円(税抜)
 
 
メイプルプラチナコイン 1/10オンス 1988年製 カナダ王室造幣局発行 3.11gの純プラチナ クリアケース入り 保証書付き
 
メイプルプラチナコイン 1/10オンス 1988年製 カナダ王室造幣局発行 3.11gの純プラチナ クリアケース入り 保証書付き
41,667円(税抜)
 
 

プラチナバーは、希少性が高く、宝飾品としても人気があるプラチナ。近年は資産用としても注目されています。
プラチナバーには、公認マークが刻印されています。

現物のプラチナ地金やインゴット,プラチナ現物をで販売する実店舗「金銀の貯金箱」SPACE GOLDです。 現物のプラチナ地金やインゴット,プラチナ現物をインターネットで販売しています。
東京都中央区に実店舗があり,ネット通販でも多くのお客様にご支持をいただいています。
現物の地金やインゴット,プラチナ製インゴットの現物が通販で安心して購入できるサイトはここだけです。
保証書を添付した本物のプラチナ地金の現物です(金融商品でありません)ので、安心してご購入下さい。

 

プラチナコインの購入なら「金銀の貯金箱」

金銀の貯金箱SPACE GOLDでは、様々な金貨銀貨プラチナコインを取り扱っております。 カナダで生まれた世界最高純度・信頼の「メイプル金貨・メイプル銀貨」や、プラチナコインなど、人気のコインを多数販売。 金銀アクセサリーや地金インゴットなどもご紹介しております。

全商品に保証書をお付けしております。 本物の貴金属となっておりますので、どうぞ安心してご利用くださいませ。 また、実店舗は東京都中央区にございますので、お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りくださいませ。

楽天市場店でも高い評価いただいております!
amazon.co.jpでも高い評価いただいております!
Yahoo!ショッピング店でも高い評価いただいております!

プラチナの人気の秘密を解説

プラチナ」とホワイトゴールド は違う金属です。

ジュエリーに関わる仕事をされている方には当たり前のことですが、一般の人の中にはこの二つを混同されている方がいるようです。

プラチナのことは日本語で「白金」と表記されるため、ホワイトゴールドとの混同がおこってしまいます。ホワイトゴールドは「白い金」です
ホワイトゴールドは、K18であることが多く、75%が金で、25%がパラジウムや他の金属です。

プラチナってどんな金属

プラチナとはどんな金属なのでしょうか。
簡単に言ってしまうと、プラチナは強い金属です。
酸やアルカリ、汗などにも非常に強いので温泉に入っても変色・変質しません。
また温度に対しても強く、金の融点が1063℃、銀が961℃に対し、プラチナの融点は1772℃と非常に高く、普通の火事くらいでは溶けません。「家が火事で焼けてしまったが、焼け跡からプラチナのリングがそのまま出てきた。」なんて話もあるくらいです。

プラチナが人気の理由

最近では白い金属が人気のため、その筆頭であるプラチナの人気には目を見張るものがあります。
白い金属が人気なのであれば、白い金であるホワイトゴールドでもいいんじゃないか?と思われる方もいるかと思います。確かにホワイトゴールドも金であるのですばらしい金属ですし人気もあります。
それでもプラチナが筆頭に上げられる理由はいくつかあります。

 強い金属だから、という他にはまずその希少性が挙げられます。プラチナの年間産出量は金のだいたい20分の1程度しかありません。
さらに、プラチナは純粋な白い金属であるということも挙げられます。
ホワイトゴールドは「白い金」だといいましたが、実はホワイトゴールドは金に白い金属であるパラジウムやシルバーを混ぜた合金なのです。そして混ぜ合わせて作っても若干黄色味が残りますので、その黄色味を消すためにロジウムという金属のメッキ加工を施してあります。
その点プラチナというのは他の金属を混ぜたりメッキ加工をしなくても純のままで白い金属なので人気があるのです。

 上記のようにプラチナは世界的に見ても人気の高い金属ですが、特に日本人はプラチナが好きです。
日本の結婚指輪や婚約指輪の9割以上がプラチナを使用して作られています。高い希少性や変色しにくい強さ、また無垢な白さが人生の節目である婚約・結婚にふさわしいとされ歓迎されているのです。

プラチナ(白金、← 英語: platinum プラチナ)またはプラチナや(← 英語: platina プラチナや)は、化学元素で記号はPt(← ラテン語: platinum プラチナチヌム)、原子番号は78ある。

重く、可鍛性と延性がある貴金属で、遷移金属に属する。プラチナは、腐食に対する抵抗が強く、ニッケルや銅鉱石や自然金属状態に算出される。また、プラチナは素晴らしい触媒である。装身具や実験機器、電気コンセント、医療機器、自動車排出ガス制御装置などに使用される。プラチナは価値が非常に高い金属である。耐腐食性、耐摩耗性に優れている。銀白色の貴金属は、より堅く、導電性、延性がある。冷間加工も行うことができますが、通常は800~1,000℃に加熱して加工する。少量のイリジウムを加えると硬さは著しく増加するが全盛は落ちる。膨張率は、ガラスとほぼ同じで、ガラス器具の接合に便利である。プラチナは、いくつか風変わりな性質のため、耳に考慮される。プラチナは、金とは、次のように簡単に形を変えることができる。すなわち、ストレッチ細い線で選ぶこともでき、ハンマーでbashの薄い板を作成することもできる。

空気中の酸素や硫黄化合物とよく結合していないので、空気中にただ置いても腐食したり、色が変わらない。プラチナは強い酸にも溶けず、王水と呼ばれる硝酸と塩酸の混合物に最もよく溶ける。ヒ素、ある、ケイ素とよく結合し、白金の合金中にはイリジウム、ニッケル、オスミウム、パラジウム、ロジウム、ルテニウムとの合金が最も広く使われる。原子番号は78、原子記号はPt、原子質量は195.078である。融点は1768℃、沸点は3825℃、密度は、室温で21.45g / cm 3である。

塩化水素や硝酸などを交えH 2 PtCl 6となる。粉末または白金海綿として触媒、度量衡原器、白金抵抗温度計、実験用るつぼ、熱電対、電気接点材料、バルファジョン、電極、化学装置、ダイ、ノズル、歯科材料、装飾用などに使用される。次は、プラチナが王水に溶ける反応である。

プラチナは、自然の中で6つの同位体(190 Pt、192 Pt、194 Pt、195 Pt、196 Pt、and 198 Pt)がある。この中で最も信頼性の高い同位体は、自然に存在する195 Ptで、自然の中で33.83%を占めている。190 Ptは非常に少なくなって、その量は0.01%に過ぎない。自然界に存在する同位元素の中で不安定なのは、190 Ptであり、崩壊するときの半減期は650×10 9 年である。198 Ptはアルファ崩壊をして、半減期が最も長く、約320×10 12 年である。多くの量を占めて安定したのは。プラチナの同位体は、一般的に31種類に質量数は166から202までの範囲である。ここで人工的に作られた同位体まで合わせれば37種類となる。核異性体プラチナ同位体の中で最も半減期が短いのは、166 Ptであり、半減期は300μsである。核異性体の中での半減期が最も長いのは193 Ptであり、半減期は50年である。すべてのプラチナの放射性同位元素は、ベータ崩壊とアルファ崩壊をする。

化学的反応性

空気や水分などには非常に安定して高温で加熱しても変わらず、酸・アルカリに強く、耐食性が大きい。ただし王水に徐々に溶け、苛性アルカリと一緒に高温で加熱すると腐食される。フッ素、塩素、硫黄、セレンなど加熱すると反応する。また、高温では、炭素を吸収し、冷却すると、これを放出するために、この時白金の表面が柔らかくなるので、石炭、コークス、または炭素が多く還元炎などで加熱することは避けた方が良い。

ヒ素、アンチモン、ビスマス、スズ、鉛などは、融点がプラチナよりもはるかに低い合金を作る。微細な粉末にした白金は、その体積の100倍以上の水素を吸収し、赤熱した白金は、水素を吸収して透過させる。また、酸素、ヘリウムなども吸収する、吸収された水素や酸素は活性化されるため、酸化還元の触媒として重要である。

化学的化合物

プラチナは、塩化アンモニウムとの反応をして六クロロ白金酸アンモニウムを作る。白金のアンモニウム化合物は、不溶性を帯びる。これ加熱すると、水素は気体になって飛んで戻って純粋なプラチナに戻りれる。プラチナは何度も再利用が可能である。 ヘキサクロロ白金酸カリウムは、やはり不溶性であり、ここで、カリウムはカリウムイオンで 陽イオン化される。

ヘキシクロへ白金酸の場合には、白金が塩化白金(IV)または塩化白金(II)の元素の形を帯びている。この反応は次の式酸化白金の化学式は、PtO 2であり、この型の酸化白金は、他の山と結合が可能である。以下は、その反応である。

プラチナでは、抗がん剤を作るもするプラチナで作られた抗がん剤には、二つがある。一つは、シスプラチンで睾丸腫瘍に効果がある。分子式はH 6 Cl 2 N 2 Ptである。もう一つは、カボプラットフォームラテンで分子式はC 6 H 14 N 2 O 4 Ptである。カボプラテンはソンプルラの誘導体でもある。

プラチナの算出

天然プラチナ地金
一般的に死力中粒または砂状に算出されるので、これを選鉱して、バック金鉱とする。これは、王水に溶かしクロロ白金酸を作り、塩化アンモニウムを加えて沈殿させ、他の金属と分離する。このようにして得られたクロロ白金酸アンモニウム((NH 4)2 PtCl 6)を700〜800℃に加熱すると海面状にされた黒の白金海綿を得る。

このプラチナ海面を融解または鍛造してプラチナの塊を得る、通常石灰 るつぼの中で酸水素炎などの直接加熱により融解する。ガラス状態または他の同族の元素との合金として算出され、ロシアのウラル地方、南アフリカ共和国、コロンビア、カナダなどが主産地である。純度は75〜85%であり、不純物は他の白金族元素である。韓国では主に銅を電気製錬するときの副産物として得る。

純度99.9%プラチナ1リットル。
実験室で頻繁にプラチナにされた容器を書くことは、プラチナが列よく耐え、他の化学物質に腐食されないからである。白金は触媒としても多く使われる、触媒は、化学反応で、自分は変わらずに、化学反応の速度を速める物質である。1820年代にドイツの化学者であるドゥェベライナーは、炭化水素ガスが白金に触れると、より速く酸化されるのを見て、この時、白金が触媒として作用するということを発見した。プラチナは自動車から出る有害な汚染物質を無害な化合物に変えので、自動車の排気ガスを調節する触媒コンバーターに使われる。

業界でのプラチナ

石油産業では、オクタン価(ガソリンの燃焼率を示す指数)が高いガソリンを作成するときに使われる。また酢酸、硝酸のようないくつかの化学物質を作る際にも白金を触媒として使用する。ガラス産業では、白金にガラス繊維を作る鋳造枠を作る。プラチナは高価な装飾品を作成するためにも広く使われる、その理由は、白金の耐腐食性、強度、硬度、色などが宝石を取り付けに良いからである。また、プラチナは最高級の手術器具の材料としても使われる。

プラチナとイリジウムの合金は、重量やいくつかの測定の標準となる機器、電気機器の接触部品、万年筆のペン先などを作成するために使われる。プラチナの塩は、写真をプリントするために使われ、白金化合物の中には、がんの治療に使われることもある。

歴史

銀と金のシンボルを合わせてプラチナの錬金術シンボル(上)が作られた。
プラチナは、自然の中で、様々な講義沖積土で計算される。昔は使った証拠が少数存在する。今日のエスメラルダスの近くに住んでいたコロンブス以前のアメリカの人々は白金を白金合金工芸品を作成するために使用した。

ヨーロッパの文献で は、1557年、イタリアの古典的な学者ユリウス・カエサルスカリゲルの著書に初めてプラチナが記載されている。その著書にプラチナはどのような火やスペインの芸でもまだ溶かすことができない。メキシコの間で発見された不活性の金属と描写されている。

・プラチナはこの広い地球上でも、南アフリカやロシアなど限られた地域でしか産出されません。

・プラチナは、どの貴金属よりも耐久性に優れ、摩滅しにくいため、
・プラチナ・ジュエリーも丈夫で一生身につけることができます。
・プラチナは温泉の硫黄分や漂白剤、プールの塩素、汗などにも変質・変色の心配がありません。
・プラチナは小さな爪でも、宝石をしっかりと留めておくことができます。
ファベルジェやカルティエなど、世界の一流ジュエリー・デザイナーは、頻繁にプラチナを取り入れています。すぐれた展延性(ひろげのばせる性質)を持つプラチナは極細のワイヤーにすることができるため、繊細なメッシュ編みのジュエリーを生み出すことができるのです。他の貴金属には真似できない特性です。
プラチナは宝飾品だけでなく、産業分野にも幅広く活用されています。自動車業界では、特に排ガス浄化装置への利用が有名です。プラチナは、人々の命を救う手助けもしています。ペースメーカーにもプラチナが使われており、人々の健康を支えています。プラチナは血液によって酸化しないほか、生体組織に負担をかけず、伝導性にも優れています。

プラチナ地金とは

地金(じがね)とは、金属を貯蔵しやすいような形で固めたものです。 金属塊。インゴット、バーともいいます。
例外として、水銀は液状であることから、アマルガムを生じない鉄製フラスコやボンベ、または樹脂製ボトルやガラス瓶に注入されて取引されています。 また、半金属であるアンチモンやビスマスも地金として流通させることが多いです。
日本で一般に投資対象として流通しているのは、金・白金・銀の地金です。 パラジウムや銅・鉛・アルミニウム・ピューター・ホワイトゴールド・亜鉛の地金も存在しますが、 あまり売買されていません。また、銀地金は単価の安さから取引重量が大きくなっているため、投機目的の個人の取引は少ないです。 近年、株式市場の冷え込みや、預貯金の保全性に対する不安や、 アメリカ同時多発テロ事件の影響などで金地金をはじめとする貴金属の地金の人気が高まっています。 地金の購入時には身分証明書は不要な場合が一般的だが、売却時には必要な場合が多いです。