純銀地金・銀インゴット

珍しい金貨、銀貨
幸せ願うアイテムの銀貨
銀の豆知識
銀地金のセキュリティ
純銀の定義
銀は記念硬貨として人気
銀貨の価格が上がっていく理由
貴金属を通販で購入
銀貨は縁起もの

商品カテゴリー

公式アプリダウンロード

コンテンツ

お問い合わせ

TEL:03-3553-6311 メールはこちら

最近チェックした商品

2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

コンテンツ

 
純銀ギフトパッケージ
純銀地金・銀インゴット > 純銀ギフトパッケージ
全1件 整列 : [価格] [製品名] [製造元]
 
【銀の涙】ガラスの小瓶 純銀50g 保証書付き
 
【銀の涙】ガラスの小瓶 純銀50g 保証書付き
6,389円(税抜)
 
 

純銀インゴット

インゴット、銀の延べ棒など様々な呼び名があります。
純銀インゴットとは、定められた機関で作られた純銀の塊を指します。
純銀インゴットには

  1. 1. 作った機関の刻印
  2. 2. 純度を表す999.9の刻印
  3. 3. 重さを示すグラム表記
  4. 4. 製造番号

の4つの刻印がされているのが一般的です。
また、純銀インゴットと純銀の違いとしては両方とも純度は変わらない純銀ですが、純銀よりも投資目的などで作られているインゴットの方が価値としては上として、通常の純銀よりも高く取引されます。

銀地金とは

地金(じがね)とは、金属を貯蔵しやすいような形で固めたものです。 金属塊。インゴット、バーともいいます。
日本で一般に投資対象として流通している貴金属の地金は、金・白金・銀の地金です。
パラジウムや銅・鉛・アルミニウム・ピューター・ホワイトゴールド・亜鉛の地金も存在しますが、あまり売買されていません。また、銀地金は単価の安さから取引重量が大きくなっているため、投機目的の個人の取引は少ないです。

近年、株式市場の冷え込みや、預貯金の保全性に対する不安や、 アメリカ同時多発テロ事件の影響などで銀地金をはじめとする貴金属の地金の人気が高まっています。 地金の購入時には身分証明書は不要な場合が一般的ですが、売却時には必要な場合が多いです。
銀地金の販売価格は販売店によって異なります。

楽天市場店でも高い評価いただいております!
amazon.co.jpでも高い評価いただいております!
Yahoo!ショッピング店でも高い評価いただいております!

純銀の銀地金の現物購入銀を購入について最初は戸惑うかもしれませんが、銀地金現物の購入は、簡単にできます。銀地金は、少しお徳になることもあります。銀地銀現物 【銀地金が買える場所】 は金銀の貯金箱です。

インゴット

インゴットとは金属材料を溶製後,圧延,鍛造などの加工をする前に一定の単純な形に鋳造した原料鋳塊です。現在量産される金属材料は,大部分連続鋳造されます。鋼材では数t程度が普通で,数百tに及ぶものもありますが,非鉄金属材料では一般に数十 kgの小型が多いです。

売却益と税金

銀地金を売った場合は、譲渡所得として課税されます。
特に給料所得者は給料など他の所得と合わせて総合課税の対象になります。
所有期間が5年を超えるか超えないかで、控除する際の計算方法も異なります。

なお、銀地金を売り払った際はその売却記録と金額の資料が居住地の税務署へと報告される。その年の確定申告で申告しなければ税務署からの確認文書が届き、結果的には追徴税という形でさらに多く納税する形になります。

銀地金、地金は金属を貯蔵しやすいような形で固めたもの。金属塊。インゴット、バーともいいます。 銀地金の現物購入方法はとても簡単です。金銀の貯金箱の実店舗にご来店をいただくか、ネットでも注文できます。

銀は、化学元素で記号はAg,原子番号は47。
脆く白の光沢遷移金属で他の金属に比べて、電気と熱の伝導性が優れています。 鉱石や純銀製の形で算出され、コイン、アクセサリー、食器、写真、銀メダルなどに使用されます。

銀山のほとんどの国にすべてある。
しかし、コストがかかるため、多くの国で経済的な理由は、生産していません。
純粋な銀は非常にやわらかいので、銀の強度と硬度を高くするには、他の金属を少量混ぜます。
自然界に存在する銀の同位体は、107 Agが52%、109 Agが48%の割合で存在しています。

銀のほとんどは、超新星爆発時の中性子捕獲過程であるR-過程を通じて形成される。

したがって107 Agのほとんどは、107 Pdが崩壊して生成された産物である。107 Pdは、初期の地球の歴史と、多く存在していた元素であるが、半減期が652万年に非常に短いため、現在は自然界に存在しないが、60 Fe、26 Al等の元素と一緒に初期地球の表面を熱くた日照な元素である。

109 Agは48%の割合で自然界に存在している。

自然界には全く存在しないが、人工的に合成して作成されたは、同位体は、93 Agから130 Agまで存在している。

これらの半減期が最も長い元素は108m Agで418年の半減期を持っている。

銀の性質

銀の原子番号は47であり、原子質量は107.868uである。融点は961度であり、沸点は2193度。銀の表面に入ってくる光の95%を反射して、金属の中で光沢が最も強い。また、熱伝導性、電気伝導性が最大の金属であり、延性と導電性は、金の次に大きい。銀、金と同様に反応性が非常に弱いが、硫黄化合物と反応するとは、表面のファンファウンの黒や和色溶けるする。汚染された空気は、硫黄化合物が入っているので、はに生じる分解された今日の深刻な問題となっている。1gのはで厚さ0.0015mmの銀箔を作ることができる。熱・電気の伝導性は、金属の中で最大であると言われています。

鉱石から製錬するときは、金の場合と同様に、混汞法・シアン化法・乾式法があります。一般的に、原料鉱石中の不純物が多く、採取率は50〜70%であまり良くない。

金の場合とまったく同じであり、銅・鉛の製錬の場合に鉱石のように入れて、銅・鉛のように抜いて出して最後に分離します。 このようにして作られた銀を電気分解精錬によって精製する。つまり、銀を板に形成し、綿または綿モスリン袋に入れて陽極とし、硝酸銀水溶液を電解液、負極板に純銀製板やステンレス鋼板を使用して電気分解します。この方法では、メビウス法バルバハ法があるが、メビウス法では、電極が電解槽に垂直に、バルバハ法では、水平方向に装着されます。お届け後枝のように析出した銀をこすりたり衝撃で落として集めて融合させ銀にします。純度は、通常、99.9%以上になります。

銀の利用

電気・列の良導体であり、加工性・機械的性質が良い点を利用して、金属材料としての用途が広い。現在、世界総生産量の70%以上が工業用に使用され、残りは貨幣用に使用している。また、装飾品・工芸品・はボウルなどにも使用されて写真工業用にも多く使用される。

銀の使用の歴史

銀はよく知られている金属であるが、利用面で金よりも遅れたの理由はジャヨンウンで算出される場合が自然金に比べて少なく、厳しい精製法を経得ることができたからである。このため、古代では、金よりも貴重に扱われたとし、旧約聖書にも銀で取引されたことが、複数の箇所に書かれています。

古代の銀の主な供給源は、バンヨンソクだったので考古学的発掘では、鉛のように算出される場合が多く、遺品は既にBC 3000年頃のエジプト・メソポタミアの古代遺跡から発見され、バビロニア帝国時代では銀製の壺などが出土した。銀はBC 6世紀のリディア王国で初めて製造され、これがギリシャ・ローマにつながった。金が太陽を象徴するのに対して銀その色のために三日月と結びついて月の女神として崇拝され、中世の錬金術でも扱われました。

銀塊

16世紀に入って新大陸から膨大な量の銀ヨーロッパに流入して銀の価格が下落して価格革命を起こしたが、イギリスなどで銀本位制を実施したため、価格が安定しました。銀工芸的にも広く使用されたが、食器として英国のボウルは、美術的に評判が高いです。

国家破綻の備えとして銀地金の現物購入が有効な理由

通貨の価値が暴落してハイパーインフレになり、その結果「円」資産の価値が損なわれることが予想されます。その時には銀地金の現物を購入することが大切です。

日本が財政破綻した場合の備えとして、銀貨の購入は有効です。

ハイパーインフレがおきた場合の備えとして、銀地金の現物で貯金した場合には、自分の一生懸命働いて貯めた貯金を守るのに有効です。

「円」の価値が暴落してハイパーインフレになり、その結果「円」資産の価値が損なわれる。大増税や資産課税、預金封鎖などで国民の資産を没収してしまう。という事態が、財政破綻では想定されるのです。

このような事態から、自分自身の資産を保全する必要が出てくるのです。

「資産の保全」には、

  1. 1. 資産の価値自体を守ること(減額させない)
  2. 2. 国の資産没収から守ること

この2つの条件を満たしているのが、銀地金の現物などの現物資産の購入という結論になります。

ドイツが過去のハイパーインフレの教訓から、米国に次ぐ現物資産を有していることが、何よりの証拠だと言えます。基本的に有効なのは金貨や銀貨の現物を購入することです。証券、いわゆるペーパー投資は有効ではありません。

円ベースで利益を出したとしても、いずれは円の価値が大幅に下がる、あるいは無くなるような事態を想定して資産を保全することが目的です。

改めて「資産の保全」という観点で考えてみると、証券投資(ペーパー投資)には2つのリスクが存在します。

  1. 1. 経済の混乱による決済不可、換金不可等のリスクがある。
  2. 2.「資産課税」という形で、預けている資産を没収されるリスクがある。

銀地金の現物などの現物を購入することが大切です。

なかなか1kgの金地金を購入するにはハードルが高くなります。そこでお薦めしたいのが金貨や銀貨、銀地金の現物の購入です。銀貨は世界中でも良く知られていますので、財政破綻時の混乱期には、決済手段としても利用できる可能性があり、大変有効と考えます。

日本が財政破綻した場合の備えとして、銀地金の現物の購入は有効です。何かの時には、その銀現物があなたやご家族の生活を守ってくれるでしょう。

銀本位制

国の貨幣制度の根幹を成す基準を銀と定め、その基礎となる貨幣、すなわち本位貨幣を銀貨とし、これに自由鋳造、 自由融解を認め、無制限通用力を与えた制度のことを言います。この場合、その国の通貨は、一定量の銀の量で表すことができ、 商品価格も価値を基準に表示されます。

銀地金・インゴットの通販なら【金銀の貯金箱】

「金銀の貯金箱」では、様々な金貨銀貨プラチナコインを取り扱っております。 カナダで生まれた世界最高純度・信頼の「メイプル金貨・メイプル銀貨」や、プラチナコインのペンダントなど、人気のコインを多数販売。 金銀アクセサリーや地金インゴット銀地金現物などもご紹介しております。

全ての銀地金現物に保証書をお付けしております。 本物の貴金属となっておりますので、どうぞ安心してご利用くださいませ。 また、実店舗は東京都中央区にございますので、お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りくださいませ。